飼育太郎のお魚飼育奮闘記だぞ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダトニオ、トーマンの混泳

トーマンは大きくなると大型水槽に移します。現在は厚みはあるものの、まだ12㎝程度でしょうか。後3㎝位大きくなってから再度移動検討しましょうか。

そのCUBEHigh水槽が.....




一度コケが見え出すと、そこから結構な速さで増えたような気がします。

トーマンは過去に何匹も☆にしてるので、極力触りたくなかったのが原因ですね(-.-;)y-~~~

今は丸々してますので、換水決行!
(※それでも怖いので2/3弱の換水に留めました)

High水槽に三匹だけは、ちょっと電気代の面から考えても絶対的必要性がないと判断し、CUBE水槽へ移動しました。

CUBE水槽にいたスポガーは実家水槽へ!
キンペコ達はコリドラスワールドへ!


バケツで待機してるトーマンバケツにこっそりダトニオ投入。
トーマンは怯えてるので全く気にも止めず。


そして混泳に踏み切りました。



綺麗に柄が出てます。
トーマン三匹も居るのに!?







以前のHigh水槽に上から投入したら、高い確率で襲われてたと考えます。
そして今日もトラブルなく混泳出来てます。


さぁ、余ったHigh水槽ですが、売るかストックするか海水魚水槽を立ち上げるか検討しましたが、しばらくは放置です。

数千円の消耗品とはいえ、やはり使える水槽なので、「勿体無い買い物をした」では済ませたくない(認めたくない)ので、使用中の水槽破損時等に備え、保管すべきではないかと考えてます。

外掛けフィルターの場合でも、濾過能力は低いとされてますが、私は「デザイン」「大きさ」「簡易的」という要素に、大変重宝してましたが、もう5つ以上となると「無駄??」って反省してしまうこともあります。
安物買いの何たらの典型でしょうか(~_~;)



今後のアクアリウムへの取り組み姿勢として...
大きめの水槽に外部、上部、オーバーフローといった濾過能力が高いものを購入する。
絶対的に混泳出来ない魚を、水槽増やしてまで無理して飼わない。



海水魚も始め、長期的な飼育を意識するようになってから、チョビッと反省してたとこでした(-。-;

スポンサーサイト

ベタの鰭はどうなった? そしてブラックウォーターへ


以前(5/22)に、ホワイトベタの鰭がボロボロになったのでヤシャブシの実を入れて経過観察をするという記事を書きました。
その報告をさせて頂きます。

以前の記事は「オーバル25水槽」でしたが、これは既に使用しておりません。
コリドラスワールドに混泳させております。

購入時
fc2blog_20150421221854f5c.jpg
fc2blog_2015050623272547e.jpg



前回報告時
fc2blog_20150522183103505.jpg


そして現在はというと・・・・

おいでやぁ~\(*'ω'*)
fc2blog_20150620132414c75.jpg
fc2blog_20150620132406fea.jpg
fc2blog_2015062013240386e.jpg
fc2blog_20150620132411650.jpg

少しは購入当初に近づいてきたかな??という感じです。
オーバル25水槽ではヤシャブシの実を入れて数日後には封鎖したので、ここで改めてヤシャブシの実を入れて更に経過観察をしたいと思います。ついでに背鰭が溶けたような状態の数匹のコリドラスにも影響があるのかも見てみようかと思います。

このヤシャブシの実ですが、やはり最初に数秒の煮沸をしないと、2日程度では色味が出なかったので10秒程煮沸し、直ぐに水洗いをして投入しました。一晩でガラッと色が変わりました。

fc2blog_201506201324274f1.jpg
fc2blog_20150620132419bf5.jpg
fc2blog_20150620132424d83.jpg
fc2blog_20150620132417e30.jpg

これが背鰭溶けコリドラスの内一匹
fc2blog_20150620134900f3b.jpg

隣の水槽と比べてみると一目瞭然ですね。
fc2blog_2015062014000066d.jpg

アクア始めたばかりの頃は、「こんな汚れた感じの水槽は好かない(´・ω・`)」とか思ってましたが、ある方のブラックウォーターでエンゼルフィッシュやらディスカスを飼育している写真を見て、良いかも!!と思えるようになった次第です。現地アマゾンの雰囲気を楽しめます。(←当然写真でしか見たことありません)


エサを落とすと、薄暗い水槽奥からワサワサッとコリドラス達が出てくる姿は最高です。



お話変わりますが、一般的な温度計と言えばこれですよね。

fc2blog_20150620132503aae.jpg

吸盤部分が劣化してきました。交換すれば良いのですが、磁石式に変えました。
これって、水槽面を拭くときに気付かずに磁石部分も拭き取ってしまって、「えっ、何で落ちたんΣ(゚Д゚)」という過ち(リアクション)を数回犯してしまいました。

なかなか締まって見えて良いですね!
fc2blog_20150620132500757.jpg


ホント他愛無い報告でしたが、せっかく写真を撮ったので。(*'ω'*)

淡水カレイの裏事情

ガラス面にもくっつきます。


赤虫を食した後は、当然ながら赤虫が見えます。



そして、

フラワートーマンのtrioはというと.....




元気良く生きてます。

可愛いです。


こんな可愛いショットもあります。



突つき合いもなく、絡まるように泳いでます。
峠は越えたのでしょうか。
まだ不安が拭えずにいますσ(^_^;)

※今回は全てiPhoneによる画像ですが、結構上手くいけたのではないかと思ってますが....σ(^_^;)

今日も生きてました

仕事から帰ってきてもこの通りです。



一匹だけではありません。






三匹、健在です。




しかもこんなに仲良し!




写真は餌を食べた後です。
お腹膨らんで、その後は底床で休むようです。


当たり前の光景ではありますが、私にとってトーマンに限ってはまだまだ油断出来ません。
まだまだ朝が怖いです。


一方で、
コリドラス水槽はというと....



問題なく順応してるようです。
パンダに関しては何度か☆にしてるので不安でしたが問題ないようです。

フラワートーマン -成長記録

昨日届いたフラワートーマン。
朝、元気でした。赤虫を給餌し仕事に出ました。

日中、不在の際には何か起こっているかもしれない。
過去の多すぎた失敗が頭をよぎります。
目の前で☆になったトーマンを前に、「やっぱり縁がないんだ」と諦める己を
想像したりもしてしまいます。

そして帰宅。
fc2blog_20150406214504af3.jpg

生きてる!!!!
(*´▽`*)

ついでにカメラの撮影練習。
fc2blog_201504062145004fd.jpg

かなり難しい。
もういっちょっ!

fc2blog_20150406214450b36.jpg

よしっ、ズーム!

fc2blog_20150406214447c1b.jpg


被写界深度???
どうすれば良いのか....(。´・ω・)?
fc2blog_20150406214439bab.jpg

....(。´・ω・)?
fc2blog_201504062144458a0.jpg


おっ、ツーショット!
fc2blog_20150406214442807.jpg

これは簡単かも(*'ω'*)
fc2blog_20150406214457ad3.jpg

でも構図がイマイチ(◎_◎;)


まぁ、
....ボチボチ行きますか。


ん.....???
えっ..!?
fc2blog_20150406214507b65.jpg

バンカスネークヘッドです(T_T)
fc2blog_20150406214454afe.jpg


もうガチガチに硬くなってました。
ガラス蓋は外掛け式フィルターの水が出るとこだけ塞げないので空いてます。(2.5㎝程)
水流のある方向に向かって飛ぶといいますが、それだったのでしょう。
水槽上部手前から飛び出してから、手前ばかりに囚われてました。甘かったです。

ついでにオーバル25に棲むスジエビも一匹、床に落ちて乾燥してました。
こんなミス続きでは先が思いやられます。
しかし、ここでめげても仕方ありません。
気を引き締めて、同じ過ちがないようにするしかありませんm(__)m

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。