飼育太郎のお魚飼育奮闘記だぞ!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息を吹き込む


ずっと放置していたこのブログに息を吹き込みます....σ(^_^;)



誰かが見てくれるから書きたいのであって、ここで改まることもないのかもしれません。

でも、気まぐれな感じでここでも書いてみようと思います。
ここがスタート地点なのでこれからも大切にしたいだけなんですよねぇσ(^_^;)



再始動のネタとしては、昨日立ち上げた海水水槽を紹介して行きたいと思います。
気まぐれなのでアメブロでもアップするかもしれませんが.....


水槽サイズは90㎝規格。

初オーバーフローです。
配管も色んな方に知恵をお借りして何とか完成しました。


実は数ヶ月前に始動させたのですが、色々事情があって数日で止めました。








そして昨日、再始動させたのです(*^^*)







色々揃ってない状態ですが、時間をかけて水を回し続けて行きたいと思います。


底砂は用意しているので、直ぐにでも真っ白なパウダー砂を敷きたかったのですが、これから苔との戦いも始まるだろうと思い、水を作る事を第一優先に止めました。


と〜っても時間が掛かることは、今管理している60ワイド水槽で経験済みです。

と〜っても時間が掛かりました。
どの魚を入れても問題なく飼育出来る水にするのに、私の場合は一年弱要しました。
あくまで「私の場合」です。


エアレーション、混泳ストレス、病気、水流、換水頻度、比重バランス.....

色々疑いました....(>_<;)




多くを語ると色々説明を足したくなるので、時間が掛かるという事だけに留めておきます(^^;;



地道に水を回し続け、途中に天然海水とか活用して行きたいと思います(*^^*)

スポンサーサイト

海水をつくるのに

海水を作る際、比重計(約19㎝)を水面に浮かべて比重量を見て確認する作業が必要です。
水槽の1/3以上の換水をする場合は、少し大きめのバケツ等に水を張れば高さ20㎝以上を確保出来ます。

しかし、蒸発により1リットル程度の水を足したい時や、ゴミを吸い取る時に一緒に出た水の補充の時に困ります。

そこで考えられる簡単な事は(簡単な事しか思い付きませんが)、少量の水でも20㎝以上の高さを確保出来る容器があれば良いという事です。


100均で見付けました!
fc2blog_20150630182931115.jpg

1リットル入ります。(2リットル用もあります)
しかも蓋があるので、手や用具を使わずにシェイクして素早く塩を混ぜ溶かす事が可能です。

しかし半透明ではあるものの、容器越しから目の高さに合わせてでは目盛りが読み辛いです。
なので、斜め上から読むか容器に密着させれば辛うじて読めるかもしれませんね。

fc2blog_20150630182925aca.jpg


給水時も、小さい口から緩やかに注ぐ事が出来ます。
fc2blog_20150630182933dd2.jpg


もっと簡単に出来る方法があれば教えて下さいね!(*'ω'*)

今日は休みでしたので

トーマン水槽の1/3換水をしました。
底面フィルターのおかげなのか、とにかく安定してます。

そして、行きつけの熱帯魚店へ!!


※今日は久々に一眼レフカメラでσ(^_^;)





お迎えに行ってきました(o^^o)
カクレクマノミは大きさに差があれば上手く行くとの事。なので差がある2匹を選びましたが、言う程差がないっ!?( ̄◇ ̄;)



でも、初日だけかもしれませんが常に一緒です。隣の水槽コリドラスワールドに居るホワイトベタが怖いのか、左端で戯れてます。
(※オーバル25は一旦閉鎖しました)


で、海水魚が難しいという観念が拭いきれず、こんな苦手なモノまで手を出しました。


理系って、超が付くほど苦手。


しかしこの内容物....
オモチャっぽいのは大好き!!

喜んで試験しました*\(^o^)/*


良いのでしょうか....
まぁ、良いのでしょう!!


前後しましたが、試験行った後にクマノミを入れました。妙に慎重(過敏)になってます。


しかし、淡水海水の両水槽を左右に並べ眺めていたら、海水水槽の方が「身近な存在」だと感じられます。
アロワナ、ベタ、コリドラスを見たくても、なかなか現地でも見れません(多分)。

しかし、姿形は不思議な存在の海水魚ですが、海に潜れば日本でも遭遇出来るかもしれない。または海まで行けば磯の香り、潮風を感じられます。波に見惚れ、そして泳ぐ事も出来ますね。

しかし、飼育となれば別。
広大な海で生きる生物。
規模の問題でしょうか。
はたまた水の作り易さの問題でしょうか。

ちょっと飲み過ぎたようです(= ̄ ρ ̄=) ..zzZZ

※因みに「安定している」であろうトーマン水槽の試験はやってません。
安定しているはずですから(¬_¬)


にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

ナナ

仕事帰りに、行きつけのショップに寄ってナナを買い、3株に分けました。
水草が抜けて禿げた苔玉に巻き巻き。

流木や苔玉に水草を"巻き巻き"する時、結構幸せです(((o(*゚▽゚*)o)))

これを投入すればどんなレイアウトになるのかな!?(・_・;?
これを投入すればもっと良いレイアウトが思い浮かぶかも!?(=゚ω゚)

こんなことを考えながら巻いてる時間が好きです。
あと、蒸発して減った水を掃除を兼ねて足しました。温度だけ注意してカルキ抜いてドバドバ足します。今日は直感的にイケそう!
イケる時は、少々荒くても生体に影響ないのが不思議です。ダメな時は水換えが怖いですが。

ここまで書いてレイアウト写真はありません。
なので、生体の近況報告です。



ガーに興味を抱き、こうして飼育に至った事で、またアクアに潤いが出来ました。




実に神秘的。
ショップには残りのホワイトも、もう居ませんでした。良い買い物出来ました (o^^o)




エビ、また実家から持って帰ってこようかな。しかし、ネオンテトラは文句無しに綺麗です。






ちょっとはカメラの腕も上がったでしょうか。
餌を激しくおねだりする姿も、それなりに撮れてると思うのですがσ(^_^;)

このトーマンtrio、日を追うごとに餌食いが激しくなってきてます。心なしか、スポットもシッカリ出てきたように思います。

赤虫オンリーですが、どんなにバラバラ撒いても底床に落ちる前に全て平らげます。
どんなに撒いても....
赤虫大好きの底物ブッシー達には届けられません。沈下性キャットしか届けられません。
近々、スポイドでも買わなければいけませんね(;^_^A

名前忘れるので

タイトルにあるように、アクアリウムを初めて早半年が過ぎましたが、まだまだ知らない生体が出てきます。または、ずっと見てきてはいたけど、ここに来て興味が生じた生体など、あれこれ手を出してる状況です。(「テーマのない混泳は好かない」と肝に銘じていましたが、現状ではテーマなど何処吹く風状態σ(^_^;))


その中で、名前を覚えられない生体っていませんか?

そこで!!
いつでもブログを見て分かるように、記録しておきます。それにまだ、皆さんにも紹介してなかったので( ^ω^ )


下記は、ここ数日の間に買った生体です。

・レオパード・クテノポマ



・アンキストルス・テミンキー


・ロイヤル・ファロウェラ



この3つ、なかなか覚えられません(ー ー;)

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。